肌のパッチテスト

化粧品の安全性を評価するためにパッチテストというものがあります。

そこでは研究開発された商品の安全性を確保するために、スキンケア商品などの皮膚に対する刺激性やアレルギー反応をしらべます。

化粧品は日常生活において必需品であり、化粧品は皮膚の汚れを除去し乾燥を防ぎ、紫外線から皮膚を保護し、皮膚を美しく見せる働きがあります。

その一方で化粧品が原因となって生ずる化粧品皮膚炎は製品の刺激による刺激性皮膚炎や化粧品成分に対するアレルギー性接触皮膚炎を生じることもあります。

化粧品全成分表示義務にともない、化粧品扱う企業にとって「かゆみ」「ただれ」「発疹」「かぶれ」などの消費者クレームに対して厚生労働省というバックボーンが無くなり、企業自身が直接矢面に立つことになります。

そのためその商品が安全であることを企業自身が客観的な裏付けとして持つ必要があるのです。

そのパッチテストの種類には「皮膚一次刺激性試験」と「皮膚累積刺激性試験」があります。

24時間の単回皮膚接触(閉塞系)による皮膚反応を判定する試験と24時間閉塞パッチの連続刺激による皮膚反応を判定する試験の2種類になります。

これらの試験は、アレルギー誘発性だけでなくテストの過程で一次刺激性や累積性もわかるので、最終処方の総合的な安全性の目安とも言われています。

サプリメントとにきびインターネットの化粧品